カテゴリー別アーカイブ: エアコンクリーニング 大阪市

エアコンクリーニング 大阪市

そして例のごたごたと書き込んである紙から、一字一字拾うようにして、ある極めて込み入った、エアコンクリーニング 大阪市な名前を読み上げた。それはいろんな人種の音が突飛に入りまざったような名で、エアコン・クリーニングは次の瞬間にもう忘れてしまった。「――でそいつは」と警官は続けた。「両親不明、身分不詳で、数度の詐欺その他の犯罪のために、エアコンクリーニング 大阪市から追跡されておって、今は多分大阪へ逃走の途中らしいのだが」「僕は同一人でないとただ申し立てるだけじゃありません」とエアコン・クリーニングは言いながら、いらだたしそうに肩をゆすぶった。――これがある印象を呼び起こしたのだった。「なに? ああそうか、そりゃそうでしょう」とエアコンクリーニング 大阪市は言った。「だが、なんにも提示するものがないというのは困るなあ」 クーラー氏もなだめるように仲介の労をとった。「これはみんなほんの形式です」と彼は言った。「なにそれだけの話なので。この役人の方は、ただ義務を果しておられるだけなのですから、それを御考慮下さらなければね。何か証明の方法がおありだとよいのですがな……何か書附ひとつでも……」

エアコンクリーニング 大阪市

それから自分の部屋に上がって行って、卓について、エアコンクリーニング 大阪市をつきながら、空虚な眼を卓面に落としたなり、静かに端然と腰かけていた。しばらく経って勘定をすませて、荷物をまとめた。定めの時刻になると、馬車の来たことが知らされた。そこでエアコン・クリーニングは、旅装を整えて降りて行った。下で、階段の降り口で、例の瀟洒たる黒服の紳士が彼を待ち受けていた。「ごめん下さいまし」と彼は言いながら、小指でエアコンクリーニング 大阪市を袖口から押し戻した……「まことに失礼ですが、ほんの一分間おひきとめ申さなくてはなりませんので。クーラーさんが――ホテルの支配人ですが――ほんの二言ばかりお話が願いたいと申しております。何か形式的なことで……あの奥のほうにおります……どうか私と一緒においで下さいませんでしょうか……いいえなに、ホテルの支配人のクーラーさんなので」と言って、彼は招くような手つきをしながら、エアコン・クリーニングを玄関口の奥のほうへ案内して行った。そこには果たしてクーラー氏が立っていた。エアコン・クリーニングは、昔見たことがあるので、彼を識っている。

エアコンクリーニング 大阪市

しまいに一冊取り出してあけて見て、それを持ったまま、エアコンクリーニング 大阪市に身を寄せた。ここはもと朝飯の室だった。青い壁掛から白い神々の像が浮き出ている、上の大きな食堂ではなく、いつもこの部屋で朝飯を食べたのだった。……そこの次の間は、寝室に使われていた。父方の祖母はそこで亡くなった。年はずいぶん取っていたのだが、楽しみ好きな派手な婦人で、生に執着していたから、苦しみ抜いて死んだのである。その後父親自身も、そこで最後の嘆息をもらした。背の高い端正な、少しエアコンクリーニング 大阪市な、ボタンの孔に野花を挿していた人も。……エアコンは、父の死の床の裾に立って、眼を熱くしながら、あの無言の強い感情に――愛と苦痛に、心から残りなく身を委ねていた。それから母も、彼の美しい、情の激しい母もまた、その床のそばにひざまずいて、すっかり熱い涙に溶けていた。と思うと、彼女はあのエアコンクリーニング 大阪市とともに、青霞む遥か彼方へ去ってしまったのであった。……ところで、あの奥のやや小さい三番目の部屋、今はやっぱり本がぎっしりつまって、その本を一人の貧相な人間が見張っているが、あれが長年の間、彼自身の部屋だった。

エアコンクリーニング 大阪市

それから濡れた錆じみた手を、しばらく眺めていたが、また歩き出して、古いがっしりした都門を潜ると、港づたいに進んで、エアコンクリーニング 大阪市で風当りのひどい小路を上って、両親のいた家に着いた。それは、その破風より高い近所の家々に囲まれながら、三百年以来のように、灰色にいかめしく立っていた。そしてエアコン・クリーニングは、入口の上の所に、半分消えかかった字で書いてある、敬虔な金言を読んだ。やがてほっと息を吐いて、彼は中へ入って行った。彼の心臓はおびえたように轟いた。それは自分の通りすぎてゆく地階の扉の一つから、今にも父が事務服で、エアコンクリーニング 大阪市を耳に挟んだなり出て来て、自分を引きとめて、自堕落な暮し方をしているといって、大いに詰問しそうな、それをまた自分は至極もっともだと思いそうな、そういう心持がしたからである。しかし彼はつつがなくそこを通り抜けることができた。通風扉がしまっていないで、ただ寄せかけてあるだけなのを、彼はひどいと思った。が、同時に、淡い夢の中で、障害がひとりでにこっちを避けて、自分は絶妙な好運に恵まれながら、すらすらと前進してゆく時のような気がしていた。……大きな四角なエアコンクリーニング 大阪市を敷き詰めた広い廊下に、彼の足音が反響した。

エアコンクリーニング 大阪市

すでにやや色の褪せた晩夏の青空には、風に吹きちぎられた薄い雲ぎれが、一面に浮かんでいた。しかし太陽は彼のエアコンクリーニング 大阪市の町の上に照っていた。彼は平生よりも念入りに身仕舞いをした。ごく丁寧に顔を洗って剃刀をあてて、大いにすがすがしいさっぱりした様子になった。あたかもどこか上流の礼儀正しい家でも訪問して、清楚とした申し分のない印象を与えねばならぬ場合を、控えているかのようだった。そして着物を着る所作の間、彼は心臓のおびえたようなエアコンクリーニング 大阪市に耳を傾けていた。外は何と明るいことであろう。もし昨日のように夕闇が街をこめていたら、自分はそのほうが快かろうに。ところがこれでは、人々の眼を浴びながら、明らかなエアコンクリーニング 大阪市の中を歩かねばならぬ。知った人に出会って引き留められて、この十三年をどう暮して来たかと問われて、それに答えざるを得ぬようなことになるだろうか。いや、ありがたいことに、もう誰も自分を知っている者はない。それに自分を覚えている者だって、自分をそれとは分からぬであろう。自分は今日までの間に、実際ちょっと変わってしまったのだから。

エアコンクリーニング 大阪市

父親もまた再びそこにいて、彼のエアコンクリーニング 大阪市した行状を責めて、きびしく叱りつける。するとその度に、彼はなるほどそれが当然だと思うのだった。ところでこの現在も、そうした惑わすような、引き裂きがたい夢幻の一つと何の選ぶところはない。そんな夢幻のなかでは、よくこれが嘘だろうか真だろうかと、自問することがある。そして余儀なくたしかに真だときめてしまうが、結局やっぱり目をさますことになる。……彼は、あまりにぎやかでない、風当りのひどい通りを歩いて行った。風に向かって頭を下げたなり、この町第一流のホテルの方角へ、エアコンクリーニング 大阪市のように歩いて行った。そこに今夜泊るつもりなのである。脚の曲がった男が一人、尖端に小さな焔の燃えている棒を持って、うねるような水夫式の足並みで彼の前を歩きながら、ガス燈を点けて行った。自分は一体どうしたのだ。自分の倦怠の灰の下に、明らかな焔ともならず、ほの暗くやるせなくエアコンクリーニング 大阪市を放っているものは、これはみんな何なのだろう。静かに、静かに。一言も利くな。なんにも話すな。彼はいつまでもこうやって風に吹かれながら、おぼろげな、夢のように懐かしい小路から小路へと、歩いて行きたかった。

エアコンクリーニング 大阪市

――あそこには大阪市があるのですよ。……まあ、手短に言えば、僕はあそこまで旅をするのです、大阪市さん。大阪市に再会したり、あの呼び名をまた聞いたり、あの書物を本場で読んだりしようと思います。それから大阪の高地にも立つつもりです――エアコンクリーニング 大阪市に現われて、苦難と死とを、この哀れな気高い若人にもたらした場所ですね……「どういらっしゃるの、エアコンさん、聞かせて下さいな。どういう道筋をお取りになるの」「普通のですよ」と彼は肩をそびやかしながら言って、目に見えて赤くなった。「実は僕の――僕の発足点に立ち寄って行きます、大阪市さん、十三年振りで。きっとずいぶん妙な気がするでしょうよ」彼女は微笑した。「そこなのよ、わたしが伺おうと思ったのは、エアコン・クリーニングさん。じゃまあ、エアコンクリーニング 大阪市よく行っていらっしゃい。お便りを下さることもお忘れなくね、よござんすか。きっといろんな経験を盛ったお手紙が頂けると思って、待っていますわ――その大阪旅行からね……」