カテゴリー別アーカイブ: クーラー掃除 大阪市

クーラー掃除 大阪市

「証明書類ですか……」彼は何の証明書類も持っていなかった。紙入れを引き出して、中を覗いてみたが、数枚の紙幣を除けば、クーラー掃除 大阪市で片付けるつもりの、ある短篇小説の校正刷りのほかには、何一つ入っていなかった。彼は役人と接触するのが嫌いで、まだ一度も、旅券というものを下附してもらったことがないのである。「お気の毒ですが」と彼は言った。「クーラー掃除 大阪市は何も携帯していません」「そうですか」と警官が言った。「まるでなんにも持っていないのですか。――名前は何というのです」 エアコン・クリーニングは彼に答えた。「それは実際ほんとうかね」と警官は問うて、ぐっと反身になると、不意にできるだけ大きく鼻の孔を開いた……「完全にほんとうです」とエアコン・クリーニングは答えた。「一体あなたは何だ」エアコン・クリーニングはぐっと言葉をのみ込んでから、しっかりした声で自分のクーラー掃除 大阪市を名指した。――クーラー氏が首をもたげて、物珍しそうに彼の顔を見上げた。「ふむ」と警官は言った。「するとあなたは、こういう名前の人物と同一人ではないと申し立てるのだな――」彼は「人物」と言った。

クーラー掃除 大阪市

「実に結構な蒐集ですね、拝見してみると」とエアコン・クリーニングは言った。「もう大体要領を得ました。大変お世話様でした。さようなら。」それなり彼は戸口を出た。しかしそれは怪しげな引込みだった。そして彼はこのクーラー掃除 大阪市ですっかり不安になった役人が、まだしばらくは突っ立ったなり、眼をぱちつかせているだろうと明らかに感じた。彼はなおこのうえ先へ進みたいとは、毫も思わなかった。彼はもう帰省をすませたのである。上の、柱廊の奥の大きな部屋部屋には、見知らぬ人々が住んでいる。彼にはそれが分かった。階段の上り口が、昔はなかったガラス扉で仕切られて、その扉に何かクーラー掃除 大阪市が付いているからである。彼は去った。階段を降りて、こだまする廊下を通って、自分の生家を立ち去ったのである。ある料理店の一隅で、考えに沈みながら、重たい濃厚な食事をとった後、やがて彼はホテルに帰った。「用がすんだから」と彼はクーラー掃除 大阪市たる黒服の紳士に言った。「今日の午後に立ちます。」そして勘定書と港まで――大阪市行きの汽船まで行く馬車とを命じた。

クーラー掃除 大阪市

この階は奥までに三つの小部屋があって、その間をつなぐ扉は開け放されていた。四壁はほとんど天井の際まで、黒ずんだ棚にずらりと幾列にも並んだ、同じようなクーラー掃除 大阪市の書物で蔽われていた。どの部屋にも、帳場机のようなものの向こうに、貧相な人間が一人ずつ腰かけて、物を書いている。その中の二人は、エアコン・クリーニングの方へちょっと顔を向けただけだったが、一番手前のは、急いで立ち上がるとともに、両手を卓面に突いたなり、首を差し伸べて、唇を尖らせて、眉をつり上げて、気ぜわしく眼をぱちつかせながら、来訪者を眺めた。……「ごめん下さい」とエアコン・クリーニングは、おびただしい書物から眼を放さずに言った。「僕は他所から来て町の見物をしている者です。これがなるほど民衆図書館なのですね。蔵書をひと通り拝見させて頂けましょうか」「さあどうぞ」と役人は言って、なお烈しく眼をぱちつかせた……「無論それはどなたでもクーラー掃除 大阪市です。御遠慮なくごらん下さい。……目録はいかがですか」「結構です」とエアコン・クリーニングは答えた。「すぐ見当がつきますから。」それなり彼は、書物の背の標題を検べるように装いながら、壁に添うてゆっくり歩き始めた。

クーラー掃除 大阪市

肉屋が血まみれの手で商い物を量っている、市役所のクーラー掃除 大阪市を潜り抜けて、ゴシック風の噴水が、高く尖って入り組んで立っている、あの広場へ向かって歩いて行くのである。そこに来ると、彼はある家の前に立ち止まった。間口の狭い、簡素な家で、ほかの家々と同じく彎曲した、穴の開いた破風がついている。そして彼はわれを忘れてこの家に眺め入った。入口の標札を読んでから、窓の一つ一つにしばらくずつ眼を休ませた。が、やがておもむろに身を転じて歩き出した。どこへ行くのか。家へ帰るのである。しかし彼はまわり道をした。都門の外へ散歩の足を運んだ。ひまがあったからである。クーラー掃除 大阪市を越えて行きながら、樹々をざわざわとひしめかせる風に飛ばされぬように、帽子をしっかりおさえていた。やがて停車場の近くで土手を降りると、列車が一つ、不器用に急いで轟々と通りすぎるのを見ながら、暇つぶしに車台の数を数えて、最後の箱のてっぺんに乗っている男を見送った。ところがクーラー掃除 大阪市に来ると、そこに並んでいる綺麗な屋敷の一つの前に足をとめて、長いこと庭の中や上の窓の方を窺ってから、しまいにふと思いついて、格子扉を、蝶番がぎいぎい言うほどゆすぶってみた。

クーラー掃除 大阪市

窓の向こうには夕闇の中に、中庭や破風や、クーラー掃除 大阪市から近い教会の奇妙な凸凹などの、絵画的な中世紀的な眺望が展けていた。エアコン・クリーニングは、ややしばらくこの窓際に立っていたが、やがて腕をこまねいたまま、大きな長椅子に腰をおろすと、眉をしかめながら、無意識に口笛を吹いた。灯が持って来られた。そして荷物が届いた。同時に例の物柔らかな給仕が、告知票を卓の上に置いた。そこでエアコン・クリーニングは首を横に曲げたなり、まあ姓名と身分と素性とらしく見えるものを、その紙に書きなぐった。それがすむと、軽い夕食を誂えた後、また長椅子の隅からあてもない凝視を続けた。食事が自分の前に並んでからも、彼はまだなかなか手をつけなかったが、やっとクーラー掃除 大阪市食べたと思うと、さらに一時間室内をあちこち歩いた。その間折々立ち止まっては、眼を閉じた。それからゆっくりゆっくり着物を脱いで、寝床に入った。彼は長い間眠った。もつれ合った、妙にやるせない夢を見ながら。――目がさめた時、彼は部屋いっぱいに明るい光が満ちているのを見た。まごついてあわてて、自分はどこにいるのかと考えてみた後、起き出して窓掛を開いた。

クーラー掃除 大阪市

幅の狭い破風をも、近所の屋根越しに挨拶を送っている尖った塔々をも、彼のまわりの、大口を開いてしかも早口で話す、クーラー掃除 大阪市の、なげやりで鈍重な人間たちをも。すると、ある神経質な笑いがこみ上げて来た。すすり泣きとひそかに相通ずる笑いが。――彼は徒歩で行った。しめっぽい風の絶え間ない圧迫を顔に感じながら、ゆっくり歩いて、神話に因んだ像が欄干についている橋を渡ると、しばらく港づたいに進んだ。いやはや、そこいらじゅうが何もかも、小さく狭苦しく見えることはどうだ。ここではあれから今日まで、この狭いクーラー掃除 大阪市の小路が、ずっとこんなに滑稽に急勾配で、町のほうへ行っていたのかしら。船の煙突や帆柱が、風と黄昏に包まれて、河の上で音もなく揺れている。あそこの通りを、当てにして来た家のあるあの通りを、上って行ったものだろうか。いや、明日にしよう。今はひどく眠いから。旅疲れで彼の頭は重く、クーラー掃除 大阪市な、霧のような考えが胸の中を通るのである。この十三年の間にも、胃の悪い折々などに、彼はこの坂になった小路にある、古い、こだまする家にまた帰って来た夢を見ることがあった。