エアコンクリーニング 大阪市

それから濡れた錆じみた手を、しばらく眺めていたが、また歩き出して、古いがっしりした都門を潜ると、港づたいに進んで、エアコンクリーニング 大阪市で風当りのひどい小路を上って、両親のいた家に着いた。それは、その破風より高い近所の家々に囲まれながら、三百年以来のように、灰色にいかめしく立っていた。そしてエアコン・クリーニングは、入口の上の所に、半分消えかかった字で書いてある、敬虔な金言を読んだ。やがてほっと息を吐いて、彼は中へ入って行った。彼の心臓はおびえたように轟いた。それは自分の通りすぎてゆく地階の扉の一つから、今にも父が事務服で、エアコンクリーニング 大阪市を耳に挟んだなり出て来て、自分を引きとめて、自堕落な暮し方をしているといって、大いに詰問しそうな、それをまた自分は至極もっともだと思いそうな、そういう心持がしたからである。しかし彼はつつがなくそこを通り抜けることができた。通風扉がしまっていないで、ただ寄せかけてあるだけなのを、彼はひどいと思った。が、同時に、淡い夢の中で、障害がひとりでにこっちを避けて、自分は絶妙な好運に恵まれながら、すらすらと前進してゆく時のような気がしていた。……大きな四角なエアコンクリーニング 大阪市を敷き詰めた広い廊下に、彼の足音が反響した。