クーラー掃除 大阪市

この階は奥までに三つの小部屋があって、その間をつなぐ扉は開け放されていた。四壁はほとんど天井の際まで、黒ずんだ棚にずらりと幾列にも並んだ、同じようなクーラー掃除 大阪市の書物で蔽われていた。どの部屋にも、帳場机のようなものの向こうに、貧相な人間が一人ずつ腰かけて、物を書いている。その中の二人は、エアコン・クリーニングの方へちょっと顔を向けただけだったが、一番手前のは、急いで立ち上がるとともに、両手を卓面に突いたなり、首を差し伸べて、唇を尖らせて、眉をつり上げて、気ぜわしく眼をぱちつかせながら、来訪者を眺めた。……「ごめん下さい」とエアコン・クリーニングは、おびただしい書物から眼を放さずに言った。「僕は他所から来て町の見物をしている者です。これがなるほど民衆図書館なのですね。蔵書をひと通り拝見させて頂けましょうか」「さあどうぞ」と役人は言って、なお烈しく眼をぱちつかせた……「無論それはどなたでもクーラー掃除 大阪市です。御遠慮なくごらん下さい。……目録はいかがですか」「結構です」とエアコン・クリーニングは答えた。「すぐ見当がつきますから。」それなり彼は、書物の背の標題を検べるように装いながら、壁に添うてゆっくり歩き始めた。